③「戦争をさせない全国署名」活動の取り組み

 *署名の第一次集約は、5月末となっています。現在、広島県では中央産別労

  働組合・団体が組織署名を取り組んでいる。612日に提出集会が日比谷野

  外音楽堂で開催予定です。各県運動組織から代表参加が要請されている。

 *第二次集約(次期臨時国会提出に向けて)

    ・各労働組合、団体内や個人での署名を継続して取り組む。

 ・県内各地で行動日を設定し、草の根街頭署名活動を展開する。

 

 「戦争をさせないヒロシマ1000人委員会」が発足(5月28日)

 〓地域で街頭署名活動を展開しよう!〓

 平和運動センターは、戦争への道を突き進む安倍政権の暴走を阻止し、一人ひとりの平和に生きる権利を守り抜くための全国運動として、528日、自治労会館において元広島市長の秋葉忠利さんら13人の呼びかけにより、「戦争をさせないヒロシマ1000人委員」(事務局:平和運動センター)を立ち上げました。発足にあたり呼びかけ人代表の秋葉さんは、「安倍政権は集団的自衛権を通じて日本を戦争ができる国にしようとしている。憲法そのものをないがしろにする今の政治に大変危惧している。被爆実相を体験した広島で、被爆者や市民の声を代弁して活動をしていくことが重要である」と訴えました。今後、1000人委員会として運動への賛同者を募っていくこと、地域で街頭署名活動を行うこと、次期臨時国会に向けて9月に集会を開催する。などを決定しました。解釈改憲による集団的自衛権容認を阻止するため、「戦争をさせない」取り組みに各労組・団体、地区労のみなさんのご支援・ご協力をお願いします。

 

 「戦争をさせないヒロシマ1000人」街頭署名活動

  ◇日時:6月19日(木)17時30分~18時30分

  ◇場所:福屋八丁堀本店前付近

   ※ご参加・ご協力いただきますようお願いします!